london st james park_5

___________________________________

This easternmost park in the long chain of four “Royal” parks running from North Kensington to Whitehall, St James’s Park is also, in my opinion, the busiest.この極東の公園で、長いチェーンの4つの"ロイヤル"を実行中の公園から北ケンジントンホワイトホールには、セントジェームズパークでも、私の意見では、忙しいです。 I say this because the park is a real “tourist feeder” between Buckingham Palace on the west and Westminster/Parliament on the east.こんなことを言っているため、実際の公園は"観光客フィーダー"バッキンガム宮殿の間には、西とウエストミンスター/議会で、東します。 Nevertheless, St James’s Park is a great chill-out park if you hang along the north banks of the lake, and fabulous people-watching park when you find a bench along the southern walkway on the south banks of the lake.しかし、セントジェームズパークの寒さは大きな公園の場合はハングアウトに沿って北の湖の岸辺に、すてきな人を見たときに公園のベンチを見つけるの通路に沿って、南部の南の湖の岸辺にします。

london st james park_10 You know I like to write about sight-lines in parks, and St James’s Park deserves its due.ご存じのように私に書こ光景線公園、セントジェームズパークに値するとしたためです。 From one end of the lake (originally a canal) you see Buckingham Palace; from the other side you see Whitehall; and in between is the pond, a veritable oasis for rare wild bird breeds.湖からの片方の端(はもともと運河)を参照してくださいバッキンガム宮殿;反対側からあなたを参照してくださいホワイトホールとの間には、池の中で、珍しい野鳥のオアシス根っからの品種です。 Gulls, geese and pelicans are the wildfowl mainstay, and you’ll see flocks of them on “Duck Island.” Otherwise, the rare golden eye, carrion crows, grey wagtail and shovelers bumble about the canal ramparts.カモメ、ガチョウや猟鳥の大黒柱は、 pelicans 、および参照していただくの群れがそれらを"アヒルの島"と述べた。そうしないと、珍しい金色の目、食むカラスは、灰色のセキレイについては、運河の城壁とshovelersしくじりました。

With field glasses, you can spot a great many more bird species on Duck Island and West Island, two protected nesting sites (in the center of a city boasting a human population in the double-digit millions!).フィールドのメガネ、スポットすることができ、さらに多くの偉大な鳥の種をアヒル島と島の西、 2つの保護ネスティングサイト(誇る都市の真ん中に、人間の人口は、 2けたの数百万! )します。 These include Long-tailed tit, Blue Tit, Great Tit, Robin, Blackbird, Wren, Great Spotted Woodpecker and Tawny Owl, all of which breed in St James’s Park.これらに含まれる長いエナガ、アオガラ、シジュウカラ、ロビン、クロウタドリ、ミソサザイ、アカゲラやモリフクロウは、すべての品種で、セントジェームズパークのです。

Along the route from Buckingham Palace to Westminster—this is also a section of the Diana, Princess of Wales Memorial Walk—you’ll see garden displays, flower patches, a bridge spanning the lake, and romantic vistas.沿道からのウェストミンスターバッキンガム宮殿にもこのセクションではダイアナ、プリンセスオブウェールズ記念庭園を歩く- you'llを参照してくださいが表示され、パッチの花は、湖に架かる橋は、ロマンチックな展望とします。 St James’s Park is a great sunset park, where bats buzz along the lake just after dusk, sucking up mosquitoes like an Englishman his pints of bitters.セントジェームズパークの日没は大きな公園、コウモリはどこバズ湖に沿って日が暮れてからだけで、吸血する蚊のように彼の英国のビターズpintsます。

St James’s Park is the oldest of London’s seven “Royal Parks.” It was firstly a farm, where pigs grazed.セントジェームズパークのうちで最も古いのロンドンの7つの"ロイヤルパーク"と述べた。これは、まず第一農場で、豚の放牧します。 King Henry VIII bought the land in 1536 for a deer park close to his palace in Westminster.王ヘンリー8世が1536を買った土地の鹿公園の近くに彼のウェストミンスター宮殿でいます。 King James I drained the swampy land and landscaped the area into a duck-shooting area.王ジェームズ1世の沼地の排水土地や地域を美しくカモ狩りております。 Over the succeeding years the park took different designs and changed from a hunting park into a more formal garden, then into a public space and wildlife refuge.年間で、公園に成功したさまざまなデザインや狩猟公園に変わったから、もっと正式な庭、そして公共空間と野生生物の保護区にします。

Three palaces skirt the park—Westminster (now the Houses of Parliament), the Tudor-style St James’s Palace, and Buckingham Palace—and so the park sees many official processions along The Mall, its northern street. 3つの公園のスカートのウェストミンスター宮殿(現国会議事堂)は、セントジェームズチューダー様式の宮殿、バッキンガム宮殿や公園を見るため、多くの公式プロセシオンモールに沿って、北部の通りです。 The Horse Guards parade from their housing and stables near Whitehall; Buckingham Palace’s Changing of the Guard (officially called Guard Mounting); and once each year to celebrate the Queen’s birthday, the “Trooping of the Colour” takes place on Horse Guards Parade in St James’s Park.騎兵隊パレードしてからの住宅や厩舎の近くにホワイトホール;バッキンガム宮殿の交代(正式にガードマウントと呼ばれる) ;と、毎年1回の女王の誕生日を祝って、 " troopingの色"が行われるの馬セントジェームズパークの警備員パレードします。

(read more about (詳細については St James’s Park highlights here セントジェームズパークのハイライトのページ )

Share and Enjoy: These icons link to social bookmarking sites where readers can share and discover new web pages. 共有して楽しむ: これらのアイコンはどこのサイトのリンクをブックマークに社会的な読者を発見すると新しいウェブページを共有することができます。
  • Digg
  • del.icio.us
  • Netscape
  • NewsVine
  • Reddit
  • StumbleUpon